戸建て住宅に住むなら基礎はベタ基礎がオススメらしい。

戸建て住宅を買い、マイホームを手にするのは誰しも憧れる夢です。その夢を手に入れたあとに待っているのは、メンテナンスです。そのメンテナンスを進めていく上でどうしても変更できない部分があります。それは「基礎」です。誰しも、内装や外装など目につく所ばかり気にしてしまいますが、基礎は建物の中でも一番大切な場所です。その基礎は、「ベタ基礎」「布基礎」の二種類あります。長年住み続けていくことを考えていくのであれば、ベタ基礎をオススメします。ベタ基礎とは、コンクリートを地面に接するところに流し込みます。そうすることで、家の荷重を全体で支えることができます。また、地面からの湿気や白蟻の侵入を予防しやすいというメリットもあります。布基礎は、耐力的に問題はありませんが、湿気や白蟻などの影響があるため定期的に白蟻予防のメンテナンスが必要になります。 途中でメンテナンスができる部分はどうとでもなりますが、基礎は改修工事で作り直すことはできませんので、しっかりと考えて決定すべき場所です。